calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.10.28 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

救急車!*09.12.27

◎2009年12月27日SUN

 日曜日の朝、いつものように「えりちゃーん、ゴハンだよ」って母が私を起しに2Fへ来た。
でも、なんだかすっごいフラフラで、足元つまずいてひっくり返るくらいに。
異様な出来事に、胸騒ぎがしてきた。
 1Fへ下りてみると、朝食の準備をしたようだけど…今まで見たことのない光景でした。
いつもは、テーブルを片付けて、お味噌汁にゴハン、焼き魚、納豆…キレイに並べてきちっとした和食なのに…その日は、テーブルはぐちゃぐちゃのまま、私のお茶碗に父のゴハンがよそられて、納豆に入れられたカラシはお椀の方に汚く付いて、何か白っぽい物や油が浮いて冷たくなったお味噌の入ってないお味噌汁。
心臓が締め付けられる位のショックで、今でもはっきり覚えています。
初めて「ただ事ではない」っと、どうしようどうしよう…
何事なのか分からない、これからどうすれば、どうなるのか分からない、不安と焦りでいっぱいでした。

 なんででしょう、こんなときに限って!っていうのは…
28日から父は中国へ旅行の予定でした。
旅行へ行く準備をいろいろしてたようで、母に任せていたので、チケットはどこだ?とか駐車場の予約がどうなってる?とか、アレないコレない、大騒ぎ。
 だけど、母は「えー…、わかんない…」 イライラする父、不安の私。

 取り敢えず母を2Fへ連れて行き寝かせました。
父に母の状態を説明すると、「バカお前、それ脳梗塞かもしれないぞ」って言われ、精神的なものだとずっと思っていた私に、さらに焦りが。
 でも、私もこれでもちょっとは医学を学んでる身、脳梗塞の3兆候といえば、ロレツが回らない・顔面の麻痺、手を真っ直ぐ前に伸ばすと下がってきてしまう。この3つのうち2つでもあれば脳梗塞の疑い80%っと麻酔の授業で習ったのを思い出す。
 脳梗塞じゃないにしても、「ただ事ではない」のは確実。
 どうしたらいいのか全く分からないまま、父には病院行かせろって言われ、病院行くにしても、私運転できないし、どこの病院へ行けばいいの?????
 泣き出しそうだけど、泣いてる余裕もなく、必死で。。。とりあえず電話!
医学部へ通う弟に電話!歯科大の友達へ電話!弟は医学部の先生に電話!
 父が旅行どうしよっかなー…とか言ってる。
今後、もしものことがあったときに、私しかいないんじゃとっても不安。まして、海外に行かれたんじゃ連絡もなかなかとれないし。運転できる人がいないとそれも困る…。
そして旅行はキャンセルすることに。
旅行会社に電話!駐車場に電話!
ネットでいろいろ見ながら、いろんなとこへ電話!

 弟は「脳梗塞じゃないにしても、脳のCTなり調べたほうがいい」と。
友達は「今日は日曜日だから、救急で行っても、脳外科の先生がいるとは限らないし、自分で行くと後回しにされたりするから、救急車で行ったほうが的確な病院に連れて行ってくれると思う」とか。
「近くの地域の特定機能病院」…とはいえ、都内なので、選択肢が多いのは利点でもあり欠点でもあり…。どこに何があるのか、どこ行けばいいのか、やっぱりわからない。
 近いところを探したけれど、こっちとこっち、どっちがいいんだろう?ってなってしまい埒が明かないので、考えた末、救急車を呼ぶことに。

 2Fで寝ていた母は、突然知らない人が来たので、ビックリ。
「自分は普通なのに、なんでこんなことになってるんだろう??」っていう感じでした。
やはり、救急隊の方も、脳梗塞の兆候をチェックしたのですが、その疑いはなさそう。
意識もはっきりしているし、受け答えもしっかりしているので、救急性がないと判断されてしまいました。
 やはり日曜なので、病院に救急車で行ったとしても、応急処置のみで、精密検査等ができないから、翌日外来で病院へ行くことを勧められました。
でも、希望があれば、救急車で適正な病院に連れて行くとのこと。
 母は、「なんでなんで、どうしたの〜???」状態。
そして、結局、救急車での搬送を拒否しました。しっかり自分で達筆な字で自分の名前をサインしてました。

 「で?どこの病院へ?」なんだか、また振り出しに戻ってしまいました。
弟とも話したのですが、20年以上前から知り合いの脳外科の先生がやっている病院があり、そこへ相談することにしました。
 横浜のちょっと先にある、大きな病院ではないのですが私が小学生の頃よく行った病院で、院長先生と放射線の先生と知り合いで良くして貰っていました。
 電話し、症状と現病歴を伝えると、「大丈夫だと思うんだけどね、でも心配なら、検査するから明日おいで」って言うので、父も旅行をキャンセルしたことだし、車で連れて行くこととなりました。


スポンサーサイト

  • 2010.10.28 Thursday
  • -
  • 18:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
姉は路上で倒れ、救急車で搬送されました。
「脳出血」ということでしたが、CT/MRIの
結果、脳腫瘍の疑いがでました。お母様の
体調急変、「脳梗塞」かどうかの判断って
難しいですよね。ブログ読み込ませていた
だきました。姉もピアノ講師でした。お母
様に寄り添われる貴女の生き方をもっとも
っと多くの方がたにお読みいただきたいと
思います。差支えがなければ、貴ブログを
小生の拙いそれにリンクをさせていただけ
ないでしょうか?ご一考くださいませ。
そよかぜ
≫そよかぜさん
突然倒れてしまったんですね…搬送中不安で一杯だったでしょう…。腫瘍の疑いと知らされたときのお気持ちお察しします…;;
私の母のように、健忘等の症状の出る方や、そよかぜさんのお姉さまの様に突然倒れてしまう方、頭痛や吐き気の現れる方…脳腫瘍の場所によっても十人十色なので難しいですよね。

こんな稚拙なブログでよろしければ、是非リンクをお願いします。とても嬉しいです。
こちらからも是非リンクさせていただきたいです。
文章力が全くないもので…お恥ずかしいブログですが、今後ともよろしくお願いします><
  • エリカ
  • 2010/02/25 9:01 PM
エリカさん、リンク快諾ありがとうございます。
ブログ拝読させていただきましたが、お母様の病
に向き合われながらも、国家試験受験されたので
すね!凄いなぁと感服しました。こちらこそ宜し
くお願いいたします。
  • そよかぜ
  • 2010/02/25 10:33 PM
≫そよかぜさん
遅れてしまいましたが、こちらからもリンクさせていただきました。ありがとうございます♪
  • エリカ
  • 2010/03/05 12:21 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック