calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.10.28 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

またも白紙*2010.1.14

◎2010年1月14日THU

 私の不安はこの日、的中してしまいました。

 いつも通りに朝食を用意し、お昼過ぎに病院へ行く準備をしていたところに、一本の電話がありました。
入院先の病院からでした。今日は見舞いに来るのかと聞かれ、ちょこっとお話があるので来院したら父と病室で待っていて欲しいとのことでした。
私は、いやな予感がしていました。やっぱり容態が急変したんじゃないかと、胸騒ぎがしていたのですが、なるべく考えないように…

 そして病院へ行き病室で待っていると先生が来て別室へ移動しました。
そこで、「昨日とったCTですが…」とCTを見せられました。
それを見ると左の脳がだいぶ小さくなっているのが素人目にもわかりました。
 先生の説明では、脳と脊髄を循環している、脳脊髄液の通路が腫瘍によって塞がれて、頭に液が溜まり水頭症を起しているとの事で、23日までこのまま何も処置をしないというのは、もしかしたら危険かもしれないという。
 やっぱり。。。っと思いました。もしかしたらではなく、確実に危険だ…。
 しかし福島先生の病院の予約は23日。電話して事情を説明してなんとかならないか相談してみたものの、入院自体を早めても、今月(1月)は手術がいっぱいで埋まってしまっているので、早くても処置できるのは2月になってしまうという。
 そして、福島先生の病院と提携している特定機能病院を紹介され、必要ならばメールを送って連絡しておくとのことでした。
 一方、現在入院している病院からも、大学病院を紹介されて、そこならば今すぐに紹介状を用意できるとのこと…。
 結局また話が白紙戻ってしまいました。これで3度目です…。
 どっちがいいものやら…。しかし、家に帰って調べているような時間はなく、その場で決断を迫られてしまったので、すぐに紹介状を用意できると言われた大学病院へ早速翌日行くことにしました。

 家に帰って調べてみました。
 リアルタイムで腫瘍の位置を確認しながら、オペできるような設備のあるところ等、やはり脳はできるだけ切り開かないために、高度な医療設備が備わっているところが良いみたいです。
 大学病院のホームページには、設備や術式の説明や症例数が掲載されているので、見比べてみるといいと思います。
 あとはやはり、今、お見舞いの毎日の生活になって思うのは、家からの距離だと思いました。
決めた大学病院は、家から車で3,40分です。交通の便はなかなか良いです。
電車で通うことになるご家族の方は、毎回電車で通うのは大変かと思います。
 決断したその日は、「遠くても設備の整った良い病院なら…」と思っていましたが、大学病院や特定昨日病院は大差ないと思うので、交通の面から選んでも悪くないと思います♪


スポンサーサイト

  • 2010.10.28 Thursday
  • -
  • 10:45
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック